阿部館山1

f:id:hm-yamaneko:20160322205325j:plain

北東側から見た阿部館山

f:id:hm-yamaneko:20160322205600j:plain

これは山頂北西側の御金蔵岩といいまして、まるで拝みたくなるような巨岩です

【登頂日 2012年4月15日】

阿部館山は岩手県盛岡市下閉伊郡岩泉町の境にある標高1221mの山です。周囲の斜面は急峻で谷も深いのですが、山頂付近は馬の放牧ができそうなくらい平たい地形です。その昔、安倍貞任(あべのさだとう)が立て籠もったと伝承される山で、山頂の周囲には雛壇状の地形が幾重にも巡っています。このなかには堀の埋没した部分も含まれると思います。古い時代の城館跡であることはまちがいありません。この日は山城仲間二人(私よりも年長です)に同行していただき、なんとか無事に登頂し、帰ってくることができました。お二人に大変感謝しています。当日は快晴で遠方まで見渡すことができまして、北東側の岩泉町小本の彼方にはわずかに水平線が望まれました。

f:id:hm-yamaneko:20160321174728j:plain

東側椴松沢から見上げた阿部館山、鞍部の左側(主郭側)に堀の窪みが見える

f:id:hm-yamaneko:20160321175123j:plain

山頂北側の様子(西半)

f:id:hm-yamaneko:20160321175209j:plain

山頂北側(東半)北側の切岸とテラス(左下へ伸びています)

f:id:hm-yamaneko:20160321175303j:plain

東斜面の雛壇がかすかに見えます。埋没が進行していますので、テラスは全て外側へ傾斜しております。

遠景に見えるのは北上山地最高峰の早池峰山です。(続く)