山猫の山ある記

中世山城や古建築など、巡り歩いた情報を発信します。当面の間、過去の訪問先の情報が主になりますが、近い年月日の情報も随時発表していきます。

蛍取りの記憶

西日本や東海地方などから、蛍の便りが聞こえるようになった。

間もなく、東北地方でも見られるようになるだろう。

蛍といえば、幼い頃に母と兄と三人で行った蛍取りの記憶が蘇ってくる。

確か、私が小学校1年生の頃だったと思う。

 

夜の8時ごろ、家から15分ぐらいのところに小川(用水路)があり、田んぼには稲が植えられ、蛙も鳴いていた。

その中を、

「ほー、ほー、ほーたる来い。」

の歌を歌いながら、蛍を探し始めた。

前方に蛍が多く飛んでいるのが見え、

近くにもいくつか飛んでいた。

箒を使っていくつか蛍を捕まえていると、

 

「ちょっと。あれ、見てみ。」

と母が指さした。

 

見ると、30mぐらい先の小川のあたりを、

ずいぶん大きな光が漂っている。

まるで白熱灯のような光は、蛍のような点滅もなく、

高く上がったり、人の頭ぐらいのところを漂ったりしていた。

 

夜に光る生き物は蛍なのだから、

「大きな蛍だったんじゃないか?」とか、

「あんな大きなのは見たことないなあ。」

と言い合いながら。見ていた。

 

どのくらいの時間っだったのか覚えていないが、

30秒から40秒ぐらいだったのかもしれない。

やがて木の影にでも入ったのか、

見えなくなった。

 

虫かごに何匹とったか覚えていないが、

母親に

「このぐらいでいいら?、帰らまいか。」

と、言われて、家に帰った。

 

あの光は一体何だったのだろうか?

怖いというような気持ちはなかったように記憶している。

 

それから何年も経ってから、

球電というものがあるということを、

学校の本で見て知った。


雷雨の後などによく見られる現象であるけれども、

晴れている時に、遠くで雷が鳴っている時には見られることもあるそうだ。

 

ただ、まだまだわからないことが多く、

専門家の間でも研究途上のようだ。

 

私たちが見たものが、

球電であったのか、そうではなかったのかは、

今となってはわからない。

 

 

 

 

 

 

 

上田組丁から四ツ家惣門・遠曲輪堀跡

 

盛岡城下町は、城を中心に、三重の堀が構えられて、御城内(ごじょうない:内曲輪)、外曲輪(そとくるわ)、遠曲輪(とおぐるわ)が、梯郭式(ていかくしき=城を要とした扇形の縄張り)に配置されておりました。

奥州街道は、南の仙北丁から北上川を渡り、城の南東側の穀丁惣門(こくちょうそうもん)から遠曲輪に入り、城の東側から北側を廻り、本丁から四ツ家惣門を通り、上田桝形から北上していました。

遠曲輪の外側、奥州街道筋の城下町北の入口が上田桝形(うえだますがた)です。ここは現在の国道4号線と国道46号線、上田通りの交差点です。NHK盛岡放送局の前のところです。桝形より内側の道筋は、江戸時代に足軽屋敷が並ぶ上田組丁(うえだくみちょう)でした。現在は上田通りと呼ばれ、商店や住宅が並んでおります。

f:id:hm-yamaneko:20210529213449j:plain

上田通り(北から)

江戸時代、両側に足軽屋敷が並んでいました。40年ほど前、茅葺屋根の足軽屋敷が数件残っていましたが、今はありません。朝夕を除けば、比較的静かな通りです。

f:id:hm-yamaneko:20210529210010j:plain

浄土宗正覚寺(上田組丁の東側)

作家:浅田次郎の『壬生義士伝』にも登場した寺です。

 

上田組丁から南へ進むと、途中、右側に三戸丁の通りが分岐します。

三戸丁へ進まず、そのまま進めば、遠曲輪の北西側の四ツ家惣門跡に至ります。遠曲輪とは、盛岡城の総構えのことです。堀の内側に土塁が築かれ、土塁上には柴垣がめぐらされておりました。土塁の桝形は、クランク状になっていましたが、現在はやや緩やかな曲折に変わっています。

f:id:hm-yamaneko:20210529205756j:plain

四ツ家惣門の跡(道路の曲折した地点)

f:id:hm-yamaneko:20210529223101p:plain

四ツ家惣門跡(東から)

 

f:id:hm-yamaneko:20210529223432j:plain

惣門跡の四ツ家地蔵尊

f:id:hm-yamaneko:20210529210348j:plain

四ツ家のお地蔵さんとして親しまれている石仏です

この裏手(西側)に赤川堰という水路がありました。これが盛岡城遠曲輪の堀跡です。

f:id:hm-yamaneko:20210529223507j:plain

四ツ家の赤川堰跡(遠曲輪堀跡)

f:id:hm-yamaneko:20210529210314j:plain

四ツ家惣門北側の堀跡(右の低いところ)

左側の草のある高いところが、遠曲輪北西隅にあたります。

f:id:hm-yamaneko:20210529210131j:plain

遠曲輪西側の堀跡(南から)

f:id:hm-yamaneko:20210529210311j:plain

遠曲輪西側の堀跡(北から)

四ツ家惣門の南方で、住宅地の間に細く長く残ります。






 

 

 

 

上ノ国勝山館

   渡島半島日本海側の上ノ国勝山館跡(国指定史跡)です。ここは松前氏の祖、武田信広が15世紀後半に築城した山城で、16世紀末に城の役割を終えました。上ノ国町教育委員会の継続的発掘調査により、その全体像が明らかになりました。発掘調査では掘立柱建物跡、竪穴建物跡、堀、土塁、柵などの遺構の他、多数の陶磁器類、鉄製・銅製の武具や宗教具、工具類、骨角器など、多様な遺物が出土しました。これらの出土遺物は、夷王山近くの勝山館ガイダンス施設で見学することができます。中世の蝦夷地を知る上で、重要な城館の一つです。

f:id:hm-yamaneko:20210524172713j:plain

上ノ国勝山館と夷王山遠望(洲崎館から)

円錐形の夷王山と、その左下中腹に見える平坦部が勝山館の跡です。

f:id:hm-yamaneko:20210524171139j:plain

勝山館の入口付近

手前左の建物は、重要文化財の笹波家住宅です。

f:id:hm-yamaneko:20210524171206j:plain

登り道です。切り通し状であり、虎口かもしれません。

f:id:hm-yamaneko:20210524172318j:plain

勝山館搦手から夷王山をみる。

草で分かりにくいのですが、白い標柱のところは小さな墳丘で、夷王山墳墓群の一部です。

和人の墓と、アイヌの墓が混在するようです。松前氏の祖武田信広は、夷王山に葬られていると伝えられています。

 

f:id:hm-yamaneko:20210524171411j:plain

夷王山から見た勝山館

左側が大手、右側が搦手。向こうには天の川の河口が見えます。

f:id:hm-yamaneko:20210524171606j:plain

勝山館模型(上ノ国町勝山館ガイダンス施設展示)

発掘調査成果によって復元された模型で、勝山館の構成が手に取るようにわかります。

この模型は必見です。

 

f:id:hm-yamaneko:20210524171543j:plain

夷王山から見た勝山館の館主居館付近

白くL字形の建物跡は客殿跡

f:id:hm-yamaneko:20210524172251j:plain

大手口の堀と橋、柵

遺構保護のため、土で被覆されて、整備されております。実際の堀はもっと深く、柵の下の切岸も、さらに急傾斜だったと考えられます。

f:id:hm-yamaneko:20210524171154j:plain

大手の二重堀

f:id:hm-yamaneko:20210524173045j:plain

主郭を廻る柵

 

f:id:hm-yamaneko:20210524171235j:plain

勝山館の中央通り

側溝を備えた立派な道で、両側には家臣屋敷が並んでいます。発掘調査成果により、多くの建物跡が確認され、15世紀後半から16世紀末にいたる、建物跡が多数重なっておりました。

f:id:hm-yamaneko:20210524171424j:plain

勝山館搦手の様子

大きな堀切に木橋が架けられ、土塁上には柵が廻る。この左下に池があり、水の手になっております。

f:id:hm-yamaneko:20210524172307j:plain

勝山館模型

搦手側の様子。手前の山の斜面に多数見える墳丘群は、夷王山墳墓群。

f:id:hm-yamaneko:20210524180418j:plain

勝山館模型

大手側の様子。この城館は山の緩斜面部を活用して築かれています。左右は沢で限られ、背後には二重~三重の堀切、手前の大手には二重の空堀が構えられています。大手の前面には、馬出しと呼んでも差し支えない曲輪が造成されています。ここにも多くの建物跡が確認されています。麓からの上り道は、物見やぐらが存在した平場の脇を登り、この馬出状の曲輪に到達しています。二重堀を渡った主郭の先端部には、館主居館や城代屋敷があり、主郭を貫通する中央通りの両側には、多くの家臣屋敷が並んでいます。館主居館には鍛冶場があり、曲輪の最も奥の右手には、館神が祀られておりました。曲輪の西側(右側)中腹には、犬走状の道が廻り、防御の一翼を担っていたように見受けられます。東側(左側)の斜面には、一部に横堀に竪堀を組み合わせた防御施設があります。

また、沢の左側には、侍屋敷と伝承される建物群があります。ここは、発掘調査の結果、華の沢倉庫群とされています。

 

f:id:hm-yamaneko:20210524172437j:plain

館主居館付近平面図

f:id:hm-yamaneko:20210524181646j:plain

居館の客殿付近説明板

 

f:id:hm-yamaneko:20210524172155j:plain

勝山館ガイダンス施設

f:id:hm-yamaneko:20210524173131j:plain

館内の様子

豊富な出土遺物が展示され、わかりやすく解説されています。また発掘された墳墓から直接型取りした墓坑が、原位置で展示され、埋葬状態も見学できます。さらに、展示室からは、勝山館と墳墓群が展望できます。

なお、厳冬期は閉館しています。

※お問い合わせ先 勝山館跡ガイダンス施設

電話0139-55-2400

上ノ国町教育委員会文化財グループ

電話0139-55-2230

 

三ツ石神社ー鬼の手形ー


岩手県盛岡市須川町の、曹洞宗東顕寺(とうけんじ)の裏手にある神社で、古くから「三ツ石の神様」として、あがめられています。

f:id:hm-yamaneko:20210519160527j:plain

三ツ石神社の佇まい

背景に東顕寺の庫裏や本堂、開山堂が見え隠れします。

f:id:hm-yamaneko:20210519160536j:plain

三ツ石神社・東顕寺付近図

f:id:hm-yamaneko:20210519161018j:plain

境内の三ツ石

f:id:hm-yamaneko:20210519160712j:plain

説明板

f:id:hm-yamaneko:20210519161058j:plain

三ツ石

三つに割れた、大きな花崗岩で、地名の三ツ割の語源になっています。現在の名須川町は、三ツ割の一部を含んでいます。大きな岩に注連縄が張られ、古代の巨石信仰の名残ではないでしょうか。

最近、石の割れ目にお賽銭を突っ込む人がいるらしく、「石が脆くなるのでやめてください」という注意書きがありました。

説明の碑文にあるとおり、昔、里の人々を苦しめた羅刹という鬼が、三ツ石神に懲らしめられて、この岩に縛り付けられました。鬼はもう二度と里には出てこないと、泣きながら神様に許しを乞いました。三ツ石神は鬼に手形を押させ、それ以来二度と鬼が来ることはなくなったという伝説です。鬼が出なくなったことを里の人々が喜び、三ツ石神に感謝し、奉納した踊りが、「さんさ踊り」と言われています。

岩に手形を押したことから「岩手」、鬼が来なくなったことから、「不来方(こずかた)」の地名が生まれたと伝えられます。

この鬼の手形には苔が生えないといわれていて、若いころから何度も手形を探していましたが、見つけられずにいました。

苔の生えない晩秋や冬にはいくら探しても見つからないわけで、今までは時期がよくなかったのかもしれません。

新緑の季節になって、一番目の石と、二番目の石の間、一番石の割れ面に、これが手形かな?という跡をようやくみつけることができました。苔の盛んな夏になれば、もっとはっきりするのかもしれません。

f:id:hm-yamaneko:20210519160939j:plain

下の写真と比較してください

 

f:id:hm-yamaneko:20210519164430j:plain

おそらくこんな感じかな?

ようやく自分なりに納得できる、鬼の手をみることができました。

f:id:hm-yamaneko:20210519160901j:plain

一番大きな手形

f:id:hm-yamaneko:20210519160823j:plain

左下にある小ぶりの手形

私の手の右側

f:id:hm-yamaneko:20210519171926j:plain

ある方のお話では、この石の正面に大きな手形があって、雨上がりなどに手形が見えるとのことです。

しかし、信心が足りないせいなのか、何度見ても、私にはわかりませんでした。

世田谷観音の阿弥陀堂

旧二条城から移されたといわれている楼閣です。

新型コロナが蔓延する前に、東京に行く機会があり、立ち寄りました。

f:id:hm-yamaneko:20210518175438j:plain

世田谷観音阿弥陀堂

f:id:hm-yamaneko:20210518175437j:plain

三階の楼閣です

f:id:hm-yamaneko:20210518175405j:plain

二条城のどこにあったものなのでしょうか。

f:id:hm-yamaneko:20210518175347j:plain

裏側からみたところ

 二条城のどこにあった建物なのかわかりませんが、こうした和風の楼閣は好きな建物です。これに似た建築は、会津若松城本丸の御三階がありますが、この建物も、会津若松市内の寺に移されているそうです。

 京都の西本願寺飛雲閣や、慈照寺銀閣(観音殿)、などの。江戸時代よりも古い楼閣は、城郭とは違った趣のある、風雅な建物です。世田谷観音のように、こじんまりとした瀟洒な三階楼は、どこか懐かしさがあり、立ち去りがたい感動を覚えました。

 

根城:岩手県宮古市根城

 岩手県宮古市の、閉伊川の南岸(右岸)にある山城。閉伊地方中世史研究の先駆者、田村忠博氏(故人)は、平安末期から続く閉伊氏が、南北朝期に築いた山城として、著作『古城物語ー宮古地方の中世史ー』で紹介しています。

f:id:hm-yamaneko:20210516110930j:plain

根城(北東側:閉伊川の堤防から)

f:id:hm-yamaneko:20210516111124j:plain

根城:閉伊川対岸の花原市(けばらいち)から

f:id:hm-yamaneko:20210516115659p:plain

根城の位置(国土地理院Webサイト)

 

 

 

f:id:hm-yamaneko:20210516111242j:plain

北東側大手口

f:id:hm-yamaneko:20210516111300j:plain

門跡

 昔は左右の岩の間が狭く、騎馬一列で漸く通行できるほど狭かったそうですが、後に参道を拡げるため、岩を砕き、拡幅したのだそうです。いまは軽トラが通行できるようです。

f:id:hm-yamaneko:20210516111635j:plain

門跡:上から見たところ

 左側の脆い岩を削り、道を拡げたように見えます。

 

 根城の中心部は、八幡宮本殿のある西曲輪と、鞍部を隔てて、東側にある東曲輪から構成されています。東曲輪は広い平坦部で、城主居館があったと思われますが、西曲輪は山頂も周囲のテラスもあまり広くなく、戦時の要害の部分と考えられます。城の大手口は北東方向の山すそで、沢沿いの道を上ってくると、両側に岩盤が迫ります。ここが木戸か門が存在したといわれていますが、現在は削られて拡幅されています。蛇行する道をさらに上ると、西曲輪と東曲輪との鞍部の尾根に出ます。中ほどに細い堀の痕跡らしい溝があります。東曲輪よりの所には、少し下がった位置に径6mほどの窪地があり、井戸と思われます。鞍部のため地下水が集まりやすく、この井戸の下が、大手道の沢の湧出点です。

 

f:id:hm-yamaneko:20210516112153p:plain

      奥の高いところが東曲輪の西端で、その手前の窪地は井戸跡

f:id:hm-yamaneko:20210516113108j:plain

鞍部の小さな堀の痕跡

f:id:hm-yamaneko:20210516113014j:plain

山頂近くの根城八幡宮



 

 

 

 

f:id:hm-yamaneko:20210516113122j:plain

山頂の小さな堀切と土橋

西曲輪の頂上は、径10mあるかないかの狭い平場で、南北にやや長く、南側に土橋を伴う小さな堀切があります。周囲は3段ほどのテラスが造成され、それぞれ3mないし5mの段差になっておりますが、輪郭は比較的明瞭で、戦国時代の造成とみられます。

 西曲輪の南西側は、尾根の鞍部になって、中ほどに小さな堀切、さらに南西の付け根にはやや大きな堀切がありますが、林道で形が変わっています。

 東曲輪の北東尾根は、堀切の名残らしい窪みや高まりがあります。古い時期の堀等が、かなり埋没した姿らしく、室町中期よりも古い南北朝時代に山城を築いた姿が残るのかもしれません。

 根城は、古い城館をベースにして、室町、戦国のころ、城の中心部を整備

したように見えます。

 

f:id:hm-yamaneko:20210516134003j:plain

東曲輪

f:id:hm-yamaneko:20210516134023j:plain

尾根から東曲輪をみたところ

 手前のわずかな起伏は、古い山城の名残でしょうか?

 

高松の池

盛岡市の高松一丁目にある、高松の池は、市民の行楽地です。桜の名所100選にもなっている公園ですが、去年と今年は、桜は開花しましたが、桜まつりは中止されました。残念でした。

f:id:hm-yamaneko:20210513175153j:plain

高松の池中堤


江戸時代の初め、盛岡南部氏により、盛岡城下建設が行われましたが、高松の池下の上田には大きな湿地帯があり、そこに街道と足軽組町(くみちょう)を造るために、水源を堰き止めました。上、中、下の三つの堤が築かれて、上堤の上の一帯を上堤頭(かみつつみがしら)と呼んでいます。上堤は、最近まで釣り堀として、親しまれており、今でも池が残っています。

f:id:hm-yamaneko:20210513173616j:plain

説明板

f:id:hm-yamaneko:20210513161540j:plain



 中堤は最も広く、手漕ぎボートや、白鳥形の足漕ぎボートが遊覧しています。大きな鯉が群れており、人の足音を聞きつけて、岸に集まってきます。時折、クサガメや緑亀も見かけますが、これは外来種ですが、ともに大きく育っています。スッポンが捕獲されたこともあるそうです。冬季には、シベリアから白鳥が飛来し、この池で越冬しています。

f:id:hm-yamaneko:20210513165112j:plain

f:id:hm-yamaneko:20210513173602j:plain

中堤の堤防

f:id:hm-yamaneko:20210513165328j:plain

中堤下の芝桜

 盛りは過ぎていますが、芝桜がきれいに咲いていました。

 

 下堤は、現在の盛岡市立図書館、保育園、駐車場、宅地になっております。池はすっかり埋め立てられていますが、注意してみると、堤防の跡は小高い敷地や駐車場になっています。

f:id:hm-yamaneko:20210513173558j:plain

下堤北西側の道

 この道は下堤北西側の堤跡、この道の向こうに上田組丁の桝形が存在した。

 

 下堤の西は、現在は国道4号線と国道46号線の交差点になっていて、NHK盛岡放送局があります。この場所には、盛岡城下の北の出入り口である上田桝形がありました。この桝形の南東の上田通りは、江戸時代の上田足軽組丁のあった通りです。今から40年ほど前までは、茅葺の足軽屋敷が数件残っていましたが、現在は新しい住宅に代わっています。