山猫の山ある記

中世山城や古建築など、巡り歩いた情報を発信します。当面の間、過去の訪問先の情報が主になりますが、近い年月日の情報も随時発表していきます。

青森市 高屋敷館遺跡

 青森県青森市浪岡の高屋敷館遺跡です。国道浪岡バイパス建設のため発掘調査されましたが、平安時代後期の防御性集落跡であることが判明し、その重要性からバイパスは迂回することになって保存されました。国指定史跡になっております。まだ整備途中のようですが、見学しました。

f:id:hm-yamaneko:20181001205457p:plain

                                                              位置図                   (国土地理院

f:id:hm-yamaneko:20180930210904p:plain

 高屋敷館遺跡の垂直写真(Googleより)

 

大釈迦川に面した段丘縁辺部にあり、外側に土塁を伴う堀が廻っています。

内部の四角いものは竪穴建物跡

 

f:id:hm-yamaneko:20180930211100j:plain

 南西側の堀と土塁のカーブ

空堀の外側に土塁が盛られています。

f:id:hm-yamaneko:20180930211405j:plain

曲がり角は南東隅の部分

この曲がり角の北側(左側)の堀の中から木橋の橋脚が発見されています。

f:id:hm-yamaneko:20180930211755j:plain

西側の土塁と堀と柵(復元)

実際の空堀は深く急傾斜で掘られていました。遺構保護のため浅くしてあるようです。

f:id:hm-yamaneko:20180930211926j:plain

堀の屈曲部と門(復元)

f:id:hm-yamaneko:20180930212102j:plain

門と堀屈曲部の関係(北から)

f:id:hm-yamaneko:20180930212256j:plain

内部の竪穴建物跡の平面表示(アスファルト部分)

後方は柵と門

 

整備工事の完成と公開が待たれます。