山猫の山ある記

中世山城や古建築など、巡り歩いた情報を発信します。当面の間、過去の訪問先の情報が主になりますが、近い年月日の情報も随時発表していきます。

岩手県の城館

通天館(安倍館)

通天館の遠望(手前は胆沢川) 胆沢郡金ケ崎町永栄の曹洞宗永徳寺西方の山中にあります。 永徳寺 白衣観世音堂 永徳寺裏山の東端にあり、この西方に山道(樵驢径)をたどると通天館の東側虎口に至ります。 西側空堀 空堀と土塁で囲まれた単郭の山城で、樵驢…

栗谷川城(厨川柵・嫗戸柵擬定地)(※改訂中)

岩手県盛岡市安倍館町(あべだてちょう)~上堂(かみどう)一丁目に所在する城館跡で、北上川西岸の比高22mの台地上にあります。西側は木賊川(とくさがわ)の低地になって、北の上堂から南の館坂に向かって長く張り出した台地上に曲輪を連ねる連郭式の城…

上閉伊郡山田町 小田の御所

山田町の船越にある、中世北畠氏一族が居住したと伝わる山城です。田の浜漁港の南側、海に突き出した山の上にあります。 田の浜漁港から見た小田御所 登り道は大きな堀切に至ります。 大きな堀切り 主郭から見た大きな堀切 尾根の堀切 主郭下の堀切 宝篋印塔…

遠野市 横田城(護摩堂城)

遠野市松崎町光興寺の護摩堂山に、鎌倉時代の建保年間(1213~1219)に築かれたとされる阿曽沼氏の居城跡です。天正年間(1573~1592)に鍋倉山に城を移すまで、ここが遠野盆地の拠点城館でした。現在でも城の地形はよく残されています。 中央の山麓の山にあ…

安倍館 ~山城の探索と下山ルートに迷ったこと~

大震災翌年の2月、岩手県釜石市片岸町と上閉伊郡(かみへいぐん)大槌町との境にある安倍館(高舘)に登りました。場所は釜石市鵜住居川の北、片岸町や古廟坂トンネルの西側、標高333mの山頂です。安倍館と呼ばれる山の頂に、城館の遺構が実際に存在するのか…

国見峠から貝吹岳

今から7年ほど前の夏、主治医の奨めもあり、リハビリを兼ねて国見峠を歩きました。国見峠は岩手県と秋田県の境にあり、現在は国道46号線の仙岩トンネルが貝吹岳の中腹を通じています。峠の北東側、国見温泉に車を駐車して、沢を渡り、国見峠に向かいまし…

安倍正任の黒沢尻柵擬定地と中世の黒沢尻館跡 北上市川岸 安倍舘公園

北上駅東口からほど近い場所の北上川近くに安倍館公園があります。現在では一面区画整理された住宅地ですが、区画整理以前には、東西180m、南北120mほどの範囲を堀跡がめぐる黒沢尻館跡が残されていたそうです。現地をあるいてみると、区画整理され…

文治五年(1189)奥州合戦源頼朝の陣 紫波町陣ヶ岡

文治五年(1189)8月22日平泉を制圧した源頼朝は、同年9月2日、蝦夷ヶ島(北海道)を目指して逐電した藤原泰衡を追い、岩手郡厨川柵(岩手県盛岡市)に向います。同月4日、志波郡(岩手県紫波郡)陣ヶ岡蜂社(紫波町陣ヶ岡蜂神社)に布陣しました。この前日…

阿部館山登頂記 安倍貞任伝説の山

【登頂日 2012年4月15日】 阿部館山は岩手県盛岡市と下閉伊郡岩泉町の境にある標高1221mの山です。周囲の斜面は急峻で谷も深いのですが、山頂付近は馬の放牧ができそうなほどなだらかな地形です。その昔、安倍貞任(あべのさだとう)が立て籠もったと伝承さ…